2007年07月06日

そら

今日はずっと掃除。
一度始めたらやめられない「かっぱえびせん」みたいな
性格の私なので、気がついてみたら夕方になってました。

ふ〜っと一息ついて、部屋の窓から外を眺めると
いい感じの空

CAHOIXTZ.jpg そら

今日は午前中はどんよりしていましたが、午後からは
天気も回復してきました。




posted by 蘭々 at 19:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

満喫しました

今日は、本当に満喫した一日でした。

青い空

白い雲

美しい海

雪解け水の滝

雪が残る山

美味しい海の幸

歴史のあるお酒

そして 締めくくりは美しい夕日

? 039.jpg


ほんとうに自然の恵みってすごいですねぴかぴか(新しい)
気分がとっても癒され、心もお腹もいっぱいです。

帰り札幌の街に帰ってきたときに人工的な光が痛かった。
目がチカチカした。

今日行った増毛町は、5時ごろには全てのお店が
閉店しまうような本当に田舎町です。
第1町人を発見するのも大変な本当に小さな町です。

でも 私たちが本当に大切にしなければいけない
自然や生活がそこにはあるような気がしました。

北海道での思い出がまたひとつ増えました。


posted by 蘭々 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増毛町

お腹がいっぱいになってから、増毛町に行き
町の中を散策しました。

増毛町は、すっごく昔に
高倉健さんが出演している「駅」という映画の舞台に
なっているところだそうです。
私は 見たことはありませんが 観光案内所では
かなりアピールされてました。

? 012.jpg 増毛駅 
ここから線路が始まり、そして終わる地点

ぶらぶら歩いていくと 最北の酒蔵がありました。

? 015.jpg「国稀」という酒蔵

120年の歴史があるそうです。

? 018.jpg これ全部お酒のビンです

? 019.jpg でっかい酒瓶!


普通のお酒のビンより大きいビンです。
手前においてあるのがハンドクリームなんですけど
どれだけ大きいかわかるかなぁ・・・・

さらに奥にはいっていくと
本当に酒蔵があり、いろんなお酒を試飲させてくれます。
運転手ではなかったので、ちょっとだけテイスティング。

これ・・・お酒ですか?

私 お酒は得意じゃありません。今じゃほとんど飲みません。
だから 私には飲めないって思ってたけど
ここのお酒は とってもまろやかで優しい味がして
日本酒じゃなくてワインみたいな感じ。

日本酒なのにイタリアンが合うお酒もありました。
なんか 日本酒のイメージがちょっと変わったような気がする。

お酒初心者でも全然大丈夫です。

とってもお勧めのお酒です。(特にお勧めは大吟醸)









posted by 蘭々 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とろけるっ!!

増毛町へついたのは、お昼も過ぎた2時ごろでしょうか。

お腹ペコペコ。

何か美味しいものないか探していたところ・・・

? 010.jpg美味しそうな看板発見!!

「どうする?」「ここ入ってみる?」「どうする?」
みんなちょっと迷っていたけど
お腹がすいて倒れそうになっていた私は

入ろうっ!腹減った!!!

その一言で本日のランチ決定

でも、なかなかいい選択でしたよ。

だって・・・・・・

? 002.jpg  いくら親子丼 1,785円

これ、すごくないです?美味しそうでしょ??

一口食べて

まいう〜〜!!!

とっても贅沢な気分っ☆
しかも 写真ではわかりにくいかもしれませんが
結構 ボリュームがあるんですよ。
こんなの札幌市内で食べたら もっと高いと思います。

この店は、ちょっと小高い場所に建っていて
店内からは 海が一望できるようになっています。
3時を過ぎても 店内は満席。

大当たりでした手(チョキ)






posted by 蘭々 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライブ最高!

今日は会社の仲間達とドライブへ出かけました。

札幌から北へ約3時間ほどの「増毛町」をめざして
レッツゴー!

この町 「ぞうもうちょう」ではありませんよ。
「ましけちょう」と読みます。
この字の感じだととっても髪にいい感じですけどね(笑)

昨日は天気が悪かった札幌ですが、
今日は天気がよくて、気温が上がり
市内では、やっと桜が咲きました!!!!!
ようやく札幌にも本格的な春がやってきました。

気分もサイコーーーー!!!晴れ
? 001.jpgドライブは海沿いをずっと走り抜けました





風が温かくて気持ちい☆
そして 海がきらきら光ってとってもキレイなんです。

青い空

白い雲

キラキラ光る海

なんか それだけでテンションあがっちゃうぴかぴか(新しい)

途中にはこんな滝も・・・・・

? 006.jpg
雪解け水のおかげで滝の水量は今が一番多いかも


圧巻です。さすが北海道!!!!

続く
posted by 蘭々 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

ミッキーマウスに会いたくて・・・

わたくし、初めてディズニー・シー行って来ましたぁぴかぴか(新しい)

楽しかったですぅ〜ひらめき 子供に戻ったような気分です。

東京に到着した日は、あいにくの雨で
夜にディズニーランドへ行ってパレード見ようと思っていたけど
雨がひどすぎて断念・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
天候だけは、自分の力ではなんとも出来ないので
せっかくきたけど仕方ない・・・・って思ってたけど
なんと 神様は見捨てはしなかったんですひらめき
次の日は、前日の大雨がうそのように上がって
風はちょっとあったけど、傘もささなくてもいいくらいに回復。
もう それだけでもテンションがあがっちゃうグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

ディズニーのオフィシャルホテルに宿泊したので
一般客よりも一時間早く入園できるため
眠たい気持ちもなんのその!目覚まし時計がなる前に
目が覚めました時計

ホテルから 近くの駅(ベイサイドステーション)までミッキーの形のシャトルバスにのって移動。
このバスは、つり革、シート、窓など細部にわたり
ミッキーが意識されててとっても可愛い♪
写真撮ろうと思ったのに 結局忘れちゃったたらーっ(汗)

ベイサイドステーションから 専用モノレールにのり
ディズニー・シーへ移動。どんどん 気分は高潮るんるんるんるん

はっきり言ってこの時期は穴場です。
春休みも終わり、GWが始まる前のこの時期!!!
結構空いてますよ!
一時間早めに入園できたせいもあって
アトラクションのほとんどが 待ち時間0分!!!
待ってもたったの5分ほど。
10分待つことはショー以外はまったくなし!!!!

ディズニー・シーの中でも一番最新のアトラクションも
たったの5分の待ち時間で簡単に乗れちゃいました!わーい(嬉しい顔)
怖かったけど すっごいインパクトがあって
面白かったです。

天気が回復したのと同時にいろんなラッキーもあって
歩いていたら ピノキオやジミニー・クリケット? 
(バッタみたいなやつ)に出会ったり
入り口で写真を撮ろうとしたら、ミッキー&ミニー
それからプルートやドナルドダックが現れたり
園内歩いていると、ショーの開演前にタイミングよく
入場できたり、小さなラッキーが重なったので
とっても充実した気分でした手(チョキ)
? 073.jpg

ディズニーランドと違って、園内はそんなに大きくないし
夢の国っていうよりも どちらかって言うと
異国の国って感じ。
? 054.jpg


ちょっと外国に来たような気分になれますね。
それぞれいいところはあるけれども
どちらとも 本当に楽しい!!!!!黒ハート黒ハート黒ハート
朝の9時から夕方19時近くまで、アトラクションやショーで
思いっきり楽しみました。

今はシーではスプリングカーニバルが開催されていて
あちこちで花が咲き乱れ、パレードも「春」を
意識したお客さん参加型の楽しいパレードなんですね。
まだ 春が完全に訪れていない北海道から来た私にとっては
なんか「やっと 本当に春がくるんだね・・・」なんて
妙に感動してしまって「春」だってことが、
本当にうれしかったんです。かわいい
? 081.jpg



夕方には美しい夕焼けも見ることが出来き
園内にはうっすらと明かりがともり、本当にロマンチックでした。

? 082.jpg
すっごく楽しい休日を送ることが出来ました。

? 088.jpg




また 行こう!ディズニーの世界へ








posted by 蘭々 at 11:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

福岡滞在で【モツ鍋】

全然知らなかったんですけど、福岡で「モツ鍋」って
有名なんですね。

ずーいぶん昔、富山にいた頃仲間達とモツ鍋ってやったけど
改めてお店でモツ鍋って食べた記憶がない。

だからとっても楽しみだったのだ。

今回行ったのは、「モツひろ」というお店。
結構有名なお店らしく、なかなか予約も取れないと
きいていたのに、あっさり取れちゃった。(ラッキー♪)

店中にいろんな人のサインが書いてあった。
サインなので、誰だか全然わからなかったけど(笑)

ココで食べたモツ鍋はとってもあっさりしていて
何人前でも食べれます。
ダシ(?)の中にモツ、ニラ、キャベツ→これしか入ってない。
そんでもってポン酢しょうゆみたいなタレをつけて
食べるんです。私は苦手ですがタレなかに
柚子胡椒を入れるとまた違った味になるそうです。
モツのプリプリ感、キャベツの自然な甘み・・・・
たまりませんなぁ〜〜!!!!!

迷わずおかわり!!!!!!


よかった胃薬持ってきて・・・・・
posted by 蘭々 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡滞在で【太宰府天満宮】

レンタカーを借りて、初めて大宰府天満宮に行ってきました。
今更 学問の神様にお祈りしても仕方ないのですが
お参りしてきました。

大宰府に行ってまたまた衝撃的だったのは
梅が咲いている!ぴかぴか(新しい)

真冬の北海道から訪れた私にとっては
花が咲く季節なんてまだまだ先・・・。
白やピンクの可愛らしい梅が、よくわからないけど
5分先ぐらいなのかな???
満開になるのも時間の問題です。

大宰府にはさすが、たくさんの学生が訪れていました。
彼らにも春がやってくるといですね♪

posted by 蘭々 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

福岡滞在で【ラーメン】

福岡といえば、やっぱりとんこつラーメンですよね。
今回の旅でどうしてもはずせない名物の一品です。

私が福岡に到着したのは15時半ごろ。
朝昼兼用で食べていたので、お腹もペコペコ。

そこで!ホテルに荷物を置いてから
早速ラーメンを食べに行きました。

宿泊はキャナルシティという大型の商業施設が立ち並ぶ一角の
ホテルだったので、見学も兼ねて行ってみました。

レストラン街の中にあるお店で食べたんですが、
これが実に面白い仕組みになっているラーメン屋さんでした。

まず、入り口で食券を購入します。それから中に入ると
カウンター席になっているのですが、ここからが
変わっていて、その席は選挙の投票するときのように
仕切りがついていて食べるときには隣の人の顔が見えません。

しかも、目の前に店員さんが通る通路があるのですが
お客さんの目線からは店員さんの顔は見えないように
なっています。
見えないのも当然で、自分の目の前にはカーテンみたいな
目隠しがあって、店員さんが食券を取りにくるまでは
目隠しのカーテンが半分だけ見えていて
ラーメンが運ばれてくると、カーテンは完全に閉められて
完全に一人だけの世界になるようになってます。
※すっごく説明しにくいのだけど伝わるかなぁ〜

このような形でラーメンを食べるのには お店の人の
こだわりがあるようで、自慢のラーメンを
誰にも(店員にも)邪魔されずにじっくりと味わって
欲しいということのようです。

私は今までしょうゆ味しか食べたことなくて、
札幌に来てからミソ味も食べるようになったけど
とんこつはあまりなかったので、味もとっても新鮮で
美味しかったです。

こちらのほうでは、替え玉を注文し、ラーメンの
おかわりをするっていうのも当たり前だそうですが
ここの店は、替え玉を注文するときも変わっていました。

ラーメンの食券と一緒に替え玉の食券も出しておくと
銀色の小さな小さなトレーをくれます。
替え玉が欲しいなぁと思ったら、その銀の小さなトレーを
目の前にあるセンサーの上におくと
店員さんに「おかわり頂戴」信号が発信され
声を発することなく、替え玉を持ってきてくれるんです。

ラーメン屋さんで、こんなに画期的なシステムを
取り入れているところ見たことないから
ラーメンの味もさることながら、このスタイルが
面白かったです。

ちなみにグルメ雑誌などに掲載はしないという
こだわりを持っていらっしゃるそうなので
お店の名前は控えてみました。

福岡のキャナルシティに行ったら探してみてください。
美味しかったですよ♪
posted by 蘭々 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡滞在で【驚いたこと】

福岡に行って驚いたことが、そういえばもうひとつあった。

それは、街中に空港があるということ。
私は飛行機に乗るときに、いつも窓際の席に座るので
外を見ていると、めちゃめちゃ街の上を
飛んでいるじゃありませぬか!!!

飛行機の陰が道路に映っていて、高速と思われる道路と
平行に飛行機が飛んでいるのがわかった。

これ…落ちたらどーすんのさ?!

札幌市から新千歳空港までは快速で40分ほど。さすがに
北海道なので、広々したところにあります。

富山の場合だと河川敷にあって、滑走路は一本だけど
特に周りに何もありません。

しかーーーーし 福岡は違っていました!
着陸態勢に入って、どんどん機体は地上に近くなるけれど
私の目には空港らしきものが見えてこないので

ど…どこに降りるの?????
と若干不安になってしまいました。

街中にあると聞いていたけど、うわさは本当だったのか・・・・。

これが福岡に来て驚いたこと第2弾です。


posted by 蘭々 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

初九州

3連休の休みをとって、九州に行ってきました飛行機
私にとっては、人生で初九州上陸です!!!!

ここ最近、仕事でお疲れ気味になっていて
しかも、旅行前日の北海道は雪で吹雪の最悪の天気台風
前日の天気予報では、私が旅行に行く日の北海道の天気は
降雪確立80%だって雪雪雪雪

なんてこったい・・・・飛行機は飛ぶんだろうか。

あぁ・・・・神様はちょっぴりのバカンスも許してくれないのかなぁ・・・あせあせ(飛び散る汗)と思っていたら

なんとまぁ!!!ビックリ仰天exclamation×2exclamation×2
北海道も九州(福岡)もいい天気♪
普段は天気予報が外れると「ちっ・・」とか
思うのに、今回ばかりは

でかした!!!って気分。

飛行機も調子よく飛んで、予定時刻よりも早めについちゃったりして。

初めて降り立った 福岡空港。
明太子のお店がいっぱい・・・・。

でも、何よりも感動したのが・・・・・

雪がなぁ〜い!!!!
ってことかな。









posted by 蘭々 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

関西旅行(11月24日)

最終日の今日は京都→大阪へ向かいました。

楽しい時間って言うのはあっという間で
この日の午後には寒い札幌へ帰らなければいけません。

ここに来る前の天気予報では「雨」という予報だったにも
関わらず、雨に合うこともなく最終日なんて快晴♪
こんなに天気がいいと、雪のふる札幌へ帰りたくない気分でした。

京都から大阪へは高速を使って向かいました。
すっごい田舎者をさらすようですけど
私ETCってどんなものかよく知らなかったんです。
北海道では高速に乗るってことはまずないし、
車がない今の私には未知のものでした。

笑われるかもしれないけど、あれって便利ですねぇ〜
日本の技術ってすごーーーいなんて一人で感動してました。
大阪はやっぱり都会ですね。
人も多いし車も多いんですもの。

私は昔から東京より大阪が好きで、よく友達と買い物したり
遊びに行ったりしたものです。
関西人のテンションやボケと突っ込みが好きなんだろうね。

さて、さて大阪で食べるものといえばやっぱり「たこやき」でしょ!
昔、道頓堀のところにあるたこ焼きが食べたくて
何度も行ってみたものの、私が行くたびに
定休日にあたってしまい何年も食べることが出来なかったことを
思い出しました。

たこ焼きのあの匂い、手軽に食べられるのがとっても
いいですよね。
私が今回食べたのは、ソースをかけて食べるたこ焼きではなく
酢醤油をかけて食べるあっさりたこ焼き。
たこ焼きの上には、どっさり青ねぎがかかっていて
それがまた絶妙な味わい。
くどくないのでこれまたペロリと食べてしまいました。

日に日に胃袋は重くなってきたけれど
こんなに短時間にいろんなところで美味しいものを
いっぱい食べることが出来て本当に充実した
休日でした。2キロぐらいは増えたかな(笑)

あっという間の2日間でしたが、本当に心も胃袋も満腹旅行でした☆
楽しい旅をありがとう!!!
また、どこかに今度はゆっくり行きたいな・・・・♪


posted by 蘭々 at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西旅行(11月23日)

さてさて、次の日は名古屋から岐阜→滋賀→京都へ車での旅です。

北海道はいつ雪が積もってもいいくらいの寒さなのに
こっちはまだまだ秋真っ盛り。
車の車窓から深まる秋を見て満喫です。

なんだかここまで来ちゃうと、富山がものすごーく近く感じられて
ちょっと帰りたくなったりしちゃいました。

天候はまずまずで、曇り空ではあったんだけど
時折さす太陽の光が心地よかったして♪

実は滋賀県はじっくり観光したことはないです。
富山から大阪へ行く途中の電車の中から琵琶湖を見るくらい。
今回も大きな琵琶湖を見るのが楽しみの一つでもありました。
でも、名古屋方面から滋賀に入って、ずっと車を走らせても
全然琵琶湖なんか見えてこない・・・・。

あれ?琵琶湖は?

ずいぶん内陸に入ってくると、やっと琵琶湖が見えてきた。
勝手なイメージだったけど、滋賀県のほとんどが琵琶湖って
思ってたから、そうでもないことがわかって
滋賀県に対するイメージが少し変わったかも。
日本地図で見ても琵琶湖はとっても大きく書かれているので
琵琶湖の周りに人が住んでいるっていうイメージがとっても
強かったんです。滋賀県の皆さんごめんなさい。

そんな思いで、琵琶湖を見つつ
本日の昼食は「近江牛」です。

??〓 022.jpg


まーーーーー!デラックス!肉ですよ、肉!
観光バスも入ってくるような有名なお店に入ると
やっぱり観光客でいっぱいで30分ほど待たされてしまいました。
でもね、でもね、待つだけの事はあるお食事でしたよ。
??〓 023.jpg


口当たりがよく、やわらかくて思いのほかペロッと食べられるのが
近江牛ですね(知ったかぶりしましたが、食べたのは初めてです・・)
牛さしも食べましたが、これがまたお魚のようにやわらかくてうまい!
ほっぺが落ちるってこんな感じなのかしら・・・・。

お腹も満腹になり、また車を走らせて今度は京都へ向かいました。

京都も4年か5年ぶり。
京都は北海道と同じように碁盤の目になっているので
なんだか親近感を感じてしまいます。
なんでも京都の街は、その風情を保つために街中の看板に
制限があると聞きました。
たとえば赤地に白い文字で書かれている看板は
色が反転していたり、マクドナルドの看板は茶色かったり
そうそう、ミスタードーナツの看板もシックな感じになっていて
京都の風情にマッチしていました。
??〓 028.jpg


京都は小さなときから何度も訪れたことはあったけど
こんな視点で京都の街を見たのは初めてかもしれない。

ちょうど祝日と重なっていたため、京都の街は観光客で
どこに行っても人・人・人!
紅葉もピークで最高の観光日和だったようです。
今回はお寺を周ったりってことはしませんでしたが
また、機会があったらゆっくり歩いてみたいと思いました。

この日は京都駅の近くで宿泊したので、夜には京都駅まで
足を運んでみました。
大きなクリスマスツリーが飾られていてすごくきれい・・・・。

??〓 027.jpg

最近は大通公園のイルミネーションツリーをみることが
ほとんどだったので、ツリーらしいツリーを見たのも
久しぶり。クリスマスツリーを見ると年末を感じるとともに
なんかクリスマスっていうだけでワクワクした気分になりますね。
夜の風はちょっと冷たかったけど(札幌に比べたらマシ・・)
とっても楽しい夜でした。

あ、ちなみに晩御飯はラーメンです。
お昼にガッツリ食べたので、控えめにしました。
え?全然控えめじゃない?!

まぁまぁ この旅にしては控えめのご飯ですよ。



posted by 蘭々 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

【6月30日】那覇→北海道

6月30日

6月も今日で最後です。沖縄旅行も今日で最後です。
今月振り返ってみると、自分にとってはいろんなことがある楽しい月で
思い出深い月になった気がします。

今日もいつもと変わらず6時15分に起床。
朝から強い日差しで、今日も暑くなりそう。

私もSちゃんもそれぞれ家に帰る飛行機は12時台だったので、
朝食を食べて早々に空港に行きました。
空港には修学旅行の学生さんたちがたくさんいました。

空港でサータアンダギーを買った頃には搭乗時刻も迫ってきました。

一年ぶりに会ったSちゃんとも空港でお別れです。
とっても短い間だったけど、本当に楽しかったです。
オーストラリアを旅したときのように、かわらずいられたこと。
離れていても、私のいい友達の一人であること
改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

Sちゃんの飛行機のほうが先に離陸だったので
ずっと窓から見送ってました。
今度また一緒に旅行が出来たらいいなと
心から思いました。

私もそのあとすぐに飛行機に乗り込みました。
私のお隣は外国人夫婦でした。
この人たちも日本を・・沖縄を満喫したのかなと思いながら。

離陸後沖縄のエメラルドグリーンの海をずっと眺めていました。
やっぱり窓際を取っておいて良かった☆
空の上から眺める海も綺麗で感動モノです。

また現実に戻る寂しさはありますが、
現実があるからこそ、旅は楽しいものになるのだと思います。
だから、また旅にいけるように、沖縄にいけるように
現実生活も頑張らなきゃって思いました。

行きと同じように東京で乗り継ぎ札幌へ向いました。
北の大地が見えてきたときには
「あぁ・・・北海道だ」って妙に実感してしまいました。
さすがに沖縄と比べるとここは涼しくてカラッとしてます。

沖縄の光をいっぱい吸収してきたせいか、それとも
日焼けのせいか、体はポカポカしていて
こっちに戻って来ても、寒いとはあまり感じませんでした。
ま、油断大敵。風邪を引かないように気をつけないといけないけどね。

この日、沖縄を12時過ぎにでて、札幌に着いたのは19時。
それからたまたま連絡があった友達とお茶をして帰ったので
実質家に戻ったのは10時を過ぎていました。

明日から仕事です。

しょーじき言えば、ウンザリなんです。
はっきり言うと行きたくない。

でも、仕方ないです。行かなきゃ・・・・・。ひえぇ〜!!!!

この旅は今年一番の大冒険だったので
これからの時間をどうやって過ごしていくか考えなきゃです。
しばらくは旅の余韻に浸れるけど、そればっかりではいけないし。
かといってボーっと過ごすのもいやだし。

目標や楽しみ見つけて行かなきゃって思う今日この頃です。
posted by 蘭々 at 13:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6月29日】那覇観光

6月29日

那覇は阿嘉島に比べて大きな建物も多くて
すごく都会に来たような気分になった。
とりあえず、タクシーに乗って宿へ行き一旦荷物を預かってもらい
昼食&首里城へ向った。

私は10年前に、Sちゃんは初めての体験と言うことで
ちょっと楽しみだった。
それにしても暑いっ!!!!
沖縄に来た日から日に日に気温があがってきている。

昼食は国際通りに行って、私はソーキそば、Sちゃんはタコライスを注文。
国際通りは始めていった場所で、面白そうな店も多くワクワクでしたが
とりあえず、首里城見学を先に行くことにしました。

10年前にはなかったモノレール「ゆりレール」の一日券を購入して
首里城へ向う。沖縄の公共機関といえば、船・バス・ゆりレールだけで
電車や地下鉄なんかもないそうだ。
モノレールだと、町の雰囲気なんかも見れるから面白い。
そして、どこかの駅に着くたびに「ヘンナおじーさん」の曲が
流れて面白かった(本当はちゃんとした曲名があるんだろうけど)

10年ぶりに見た首里城はやっぱり美しかった。
青い空に「朱」の色はなんて映えるんだろう。
外見もさることながら、中にも入って(涼しいからね)展示物の見学もした。
首里城にはたくさんの龍が飾られていて、建物もそうだけど
飾られている展示物にも「龍」が描かれているものが多いのです。
阿形(あぎょう)吽形(うんぎょう)の対になっていて
口をあけているものと、閉じているものが必ずワンセットになっているんですね。
シーサーもここからきているのかなぁ。あの意味は
幸せを吸い込み、出て行かないように口を閉じているってきいたけど。
そういえば沖縄は、町のところどころに「風水」を意識した置物が
あるんですよ。中国文化を多く取り入れてるんでしょうね。

首里城を出てからは国際通りに戻り、お土産購入に勤しみました。
なんたって、無理をいって休んでいる身。
何も買っていかないわけにはいかないのです(悲)
国際通りはいろんなものがあって、ワクワクです。
適当に会社用のお菓子を買って、富山の両親にゴーヤを送りたいと思い
市場にも行きました。
普段親には何にもしてあげられないけど、沖縄のゴーヤを食べて
暑い夏を乗り切って欲しくて。けど、市場の中には思っているような
ゴーヤは売ってなかった。サングラスをかけたブタの頭はいたけど・・・。

すると、お惣菜を売っているお店のおじさんが声をかけてきた。
おまけするからといって、いろんなものを勧めてきた。
そして、あらゆるものを試食させてくれた。
うみぶどうをはじめ沖縄チックな漬物などを購入。
ついでにおじさんに生のゴーヤが欲しいと言ったら、
八百屋さんに連れて行ってくれました。

ここ(北海道)で買うと15cmぐらいの元気のないゴーヤ1本298円です。
でも、さすが沖縄30cmぐらいのゴーヤ2本で180円!!!!
食べ応えありです!!!自分の分も含めて4本購入です。

お得な買い物に満足し、宅急便の場所もおじさんに教えてもらって
実家に送りました。沖縄のオジサンはとっても親切でした。
親にも「一足早いけどお中元贈ります」とメール。ビックリするかな?

お土産を一通り買うと、今度は自分へのお土産が欲しくなった。
いつも旅に出ると、小さなお土産を自分のために買います。
それをみるたびに、旅行のことを思い出せるし
そうして買ったものは大切にするからです。

何を買おうか見てまわるものの、ピンと来るものなし。
どうしても欲しいと、ちょっと疲れ気味のSちゃんに無理をいって
付き合ってもらった。ごめんね。

「どうしよう・・・何にしよう」

悩んでいると一軒のお店が目に付いた。

「海の見える石」そんな看板が立っていた。

なんだろうと思っていると、シルバーの台座にいろんな色の石が
埋め込まれていて、太陽の光にかざしてみると
海面がキラキラ光っているように見えるとのこと。
みてみると、とっても綺麗だった。

お店の女の子がその石について一生懸命説明してくれた。
この石はパワーストーンで、石の色によって違う意味があるそうです。
色は赤、青、水色、ピンク、黄色、緑、白、など(覚えきれない・・)
で、芸能人もたくさん購入しているとのこと。
一番印象的だったのが、とんねるずのノリタケさんが
この石を買って身に付けたところ、競馬で大もうけしたそうな。
彼が買ったのは「金運」に恵まれる石。
テレビでもこのことを紹介したため、石の評判は上がったそうです。

この石は一つ一つが手作りで、沖縄でしか売っていないらしい。
(※今は全国展開しているので沖縄以外でも買えるし、ネットからも可能)
台座に使われているシルバーの部分にも形があり、意味があるという。

自分へのお土産はここで買うことにしました。
石が持つ意味や沖縄でしか買えないこと、なによりも石を見て
沖縄の海を思い出すことが出来るから。

私が買った色は秘密です(笑)いろんな思いをこめて買いました。
いつも旅で買うお土産よりも相当大きな買い物です。
でも、いい記念になりました。Sちゃんも一緒に購入しました。

これで、きっといいことあるよ!絶対身に付けていようね!!

気が付けば、このお土産買うのに一時間以上かかりました。 
周りは真っ暗。国際通りは夜になっていました。
十分買い物したあとは、飲み屋に行って最後の晩餐です。
モズクの天ぷらやゴーヤチャンプルーなどを食べて
ホテルに戻りました。

一日歩きっぱなしで、ダイビングしているよりも疲れたかも。
部屋に戻った私は、シャワーを浴びてすっきりししばらく
テレビを見ながらストレッチしていたけど
気が付けばそのまま朝まで寝ちゃってました(笑)

沖縄最後の夜は起きていたい気分だったけど
さすがに体が許してくれませんでした。

こうして私の沖縄旅行は終了となりました。
posted by 蘭々 at 12:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6月29日】阿嘉島→那覇

6月29日

今日も快晴!!いい天気です。
さぁ!今日もダイビング!!!!・・・・じゃなくて帰る日です(泣)
なんだか、たった2日間しかいないのに
気分は長期滞在しているようなそんな気分です。

楽しい時間は本当にあっという間ですよね。
(※嫌なことはとっても長く感じるのにさ)
朝食を食べているときに、昨日一緒に潜ったダイバー達にも会った。

「もう、帰っちゃうんですね。さみしいっすね。
 でも、また会いましょう!阿嘉(島)で!」

そういって別れました。
また、年配のパワフル女性にも会い、

「気をつけて帰るのよ。今度は彼氏と一緒に・・・ね!(笑)」

といって別れました。

一期一会ってこういうことを言うのかな。
旅をすれば、いろんな人との出会いがあり
それは、ほんの一瞬だったり、Sちゃんのように自分の人生にとって
大切なキーパーソンになる場合もある。
どちらにしても私の大切な大切な宝物です。

「出会い」があるからこそ、「別れ」があり
それがまた「出会い」へのスタート地点だったりもする。
「別れ」のときは寂しいけど、いつかまた出会える日を楽しみにしようと
自分に言い聞かせ笑顔でいようと思ったりもする。

阿嘉島から那覇への高速船は10時過ぎ。
思う存分、島の風景を焼き付けようと出発前に
島の中をもう一度散歩した。

宿から5分ほど歩いたところに、展望台があるのですが
ここからも海が綺麗に見えるとダイバーにお勧めされていたので行ってみた。
天気もよく、太陽の光をいっぱい浴びた海は
言葉を無くすくらい美しかった。
言葉でその美しさを表現することは出来ません。
見た人でしか感じられない美しさがありました。
何枚も何枚もシャッターを切り、この美しさをカメラに収めました。

それから、サンゴがいっぱい&やどかり君のいる浜。
ここにいる間、穏やかな波の音に癒しを感じ
心が豊かになっていくのを感じました。
海の「あお」にこんなにいろんな種類があるんだってこと
教えてくれました。

それから小さな町。コンビにもない町。
小さいけど、なんにもないけど
ここで暮らす人が羨ましいと思った。

ここでの全てのことを忘れないように、忘れないように
ひとつひとつの光景を目とカメラに焼き付けました。

すると、ダイバー達の乗った船がポイントに向って
出港していきました。見えないだろうけど、
声なんて届かないけど、
「ありがとーーー!いってらっしゃーーーーーーい!またくるねーー!」と
一生懸命手を振って、見えなくなるまで船を見ていました。

私たちが乗る高速船には、新たに楽しい時間を過ごそうと
島にやって来た人たちがどっさり降りてきた。
私たちはその人たちと入れ違い。
とってもたくさんの人たちが降りてきたので、ある意味
ここに来た時期が「今」でよかったのかもしれない。
送ってくれたスタッフにも、深々とお礼を言って
高速船に乗り込んだ。

「楽しかったね」

ダイビングの話なんかをしながら、今度は那覇に向った。

posted by 蘭々 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

【6月28日】ログ付け会A

6月28日

3本のダイビングを終えて、ジャグジーに皮がシワシワになるほど
つかり、今日もおいしい夕食を食べようとレストランへ。
今日もおいしいご飯でした。でも、それ以上に一緒のテーブルに座っていた
年配の女性がとても印象的でした。はっきりとした
年齢は不明ですが、20代後半のお嬢さんがいると言うことだったので、
おそらく50代後半から60代前半と推察できます。
見た感じ和服の似合いそうな方だったのですが、
バリバリダイビングをする方で、ありきたりの「どこからきたの?」
というのをきっかけに弾丸トークのスタート!!
海外のダイビングの経験とか沖縄のいろんな島のポイントの話とか、
その話はその方が部屋に帰るまで止まりませんでした。

まぁ、ダイビングの話はともかくとして
行動的でバイタリティあふれるその姿は見習わないといけないなぁと
おもいました。話を聞いていると、本当にダイビングがすきなんだなぁ
と言うのが伝わってくるし、「好きなこと」を十分楽しんでいる人の顔って
なんか輝いているんですよね。
その方も人生楽しんでるよオーラをかなり放っている人だったので
私もおすそ分けしてもらったような気分です。

そして夕食後8時からのログ付け会に参加。
せっかくだから、今日はビールを飲もうとおもって
張り切って「オリオンビール!生グラスで!!!!」と注文。
私はお酒は嫌いじゃないけど、多くは飲めません。
場合によっては、とんでもなく具合が悪くなるから。
(※結構トラウマだらけの私です・・・・)

インストラクターのEさんを迎え、「じゃぁ写真見ようっか」と言った
そのとき。テーブルの端においてあった私のオリオンビールが
Eさんの肘にぶつかり、ガッシャー-----ン!!!!!
グラスも粉々。

「わぁーーーーっ!!!ごめんねっ。ほんとうにごめん!!」と
平謝りのEさん。

「いっす。全然気にしてないよ。そんなに謝らないで」と言っても

「本当にごめんねーーーーーー(TT)」

そういって恐縮しながらも代わりのビールを持ってきてくれましたが
ひとまわりり大きくなって登場。

「ごめんね料を込めて大きくしてみました!」
とジョッキのビールを持ってきてくれました。せっかくだったので
ご馳走になることに。
ビール片手にみんなで撮った写真やビデオを見ながら
お魚図鑑をみつつ、今日の反省会。

ビデオを見てみると、ウガンに行ったときの画像で
流れに戸惑って、体のコントロールが効かずに、水中でもがいている姿が
バッチリ・・・・・・。あぁ〜恥ずかしい。
かなり頑張って映らないように心がけてたのに・・・・・。
「おおっ!!蘭々さんバッチリ映ってるじゃないですかぁ〜」と
みんなに言われ、穴があったら入りたい気分だった。

今日は大物を見ることが出来たので、話はとても楽しかった。
例えば同じサメをみたとしても、それぞれが写真を撮るアングルの違いで
魚の表情も違って見えるからです。
サメはやっぱり正面から見るととっても迫力あるし
でも、横から見るとそんなに大きくないので、そんなに迫力ナシ。
近距離であれば魚の色やサンゴの色も綺麗に出るけど
ちょっと離れてフラッシュが届かなくなると、色は青しか出なくなる。
そんないろんな写真を見つつ、ビールを飲みつつ、みんなでワイワイ
言いながらは本当に楽しかった。

そうそう、100本目のダイビングを迎えられた方もいて
レストランから、おいしそうなバナナケーキをプレゼント。
皆でお祝いして、もちろんケーキもおすそ分けしていただきました。
すごいよなぁ・・・・100本。私なんて、今回を含めて
やっと30超えたところなのに。まだまだですな。

昨日は二人だけのグループだったけど京はたくさんメンバーがいたので
私のログブックには今日一緒に潜ってくれた人たちのコメントも増えました。
コレは沖縄でのいい思い出でもあり宝物です。

そんなこんなで気が付いてみると、グラスのビールすら飲めない
私がジョッキのビールを飲み干していた(すごいっ!)
ログ付け会終わり際に撮った写真なんて、私の顔は「タコ」ですよ(笑)

みんなでワイワイ言っている間はいいのですが、ログ付け会が終わって
部屋に帰ろうと立った瞬間

「ん????フラフラする?」

大丈夫かなぁと思っていたけど、全然大丈夫じゃなかった。
立っていられなくなり、今にもリバース寸前。

「う・・・・・・・キモチ悪い」

考えてみれば、ココに来る前日から私は睡眠不足状態。
しかも、運動不足の体にムチ打って6本のダイビング。
暇があれば、浜辺に行ったり散歩したり、落ち着くことがなかった。
疲れていないって思いつつも、体は正直だったんですね。

部屋に帰るなり、そのままベットに倒れこみ

「ぐーーーーーーーーっZzzzz」

友達に「お休み」も言わずに、倒れこんでしまいました。
運動不足ではあったけど、多少の無理することぐらいは
全然平気って思ってたんだけど、それはキモチだけの問題だったみたい。
アルコールを飲んだことによって、いろんな疲れが一気に
ブワーッと出てきたみたいです。

キモチは悪かったんですけど、いつになくグッスリ眠ることが出来ました。
以外にこれでよかったのかしら?

ってなわけで、2日間の滞在は
蚊に歓迎のキッスを受けるところから始まり
ジョッキのビールで酔って倒れこむという・・・・なんともいえない
終わり方で終了しました。
これも、私らしいのかな????



・・・・・ってことにしておこう。
posted by 蘭々 at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6月28日】4・5・6DIVE

6月28日

今日も快晴です。朝からのセミの鳴き声が賑やかです。
本日のダイビングの船は午前中一本、午後から二本の予定。

朝起きるのは、普段と変わらない6時15分。旅に行ったからといって
普段の習慣を崩してしまうと、仕事が始まったときに辛くなるので
起床はどこにいっても同じ時間に起きるように心がけています。

屋上に行って今日も大きく深呼吸。前を見ると海、後ろを見ると山。
自然がいっぱいの環境は贅沢です。

今日も朝からご飯をガッツリ食べてダイビングに備えます。

<4本目>

今日はドリフトダイビングからのスタート。ええええええぇぇぇぇ!!
まだ中性浮力の感覚も戻ってない私に、ドリフトなんて大丈夫なの?????

不安・・・・・。

渋い顔をしていたら、昨日の3本目に一緒に潜ってくれた
インストラクターのEさんはにっこり笑って

「なんとかなるよ!」とあっさり。

確かになんとかなるって思わないと潜れませんが
エセダイバーのかなりビギナーの私にはちとハイレベルのような・・。
でも、他にもダイバーさんがいるわけだし、
初心者は私ぐらいだから仕方ないのかなぁ。

まず、行ったのは「男岩」と書いて「ウガン」と呼ばれるところ。
ドリフトダイビングと書きましたが、何かと言うと
潮の流れがあるところなんです。そういうところには魚もたくさん
集まるそうです。このウガンの周りをみていくということでした。

潜ってみたら、そんなに流れを感じなくて「楽勝!!」なぁんて
生意気なことを思ってたんだけど、いろいろみてまわっているうちに
流れが変わってきたことに気が付いた。

「やばい!流される!!!!」

って思っちゃったら、体のコントロールは効かなくなってしまい
呼吸も乱れがちになってしまいました。
そんな中でも、いろんな魚は見ましたが・・・・。(イジですな)
ちょっと洞窟っぽくなっているところにもたくさん魚が隠れてたり
するし、またいろんな魚が群れていました。

P1010077(1).JPG

流れはあれど、ここはなかなか見ごたえのある場所です。
ダイバーの一人が水中撮影(ビデオ)をしており、なんとか
邪魔にならないようにカメラを避けて避けていたつもりでしたが
そういうときに限って映ってるものですね(恥ずかしい・・・)

一旦「流される!」と思ってしまった私は、岩につかまってじゃないと
移動が出来ないくらい体がこわばっていました。
以前には確か一度だけドリフトダイビングした気がしますが
そのときは頻繁に潜っていた頃だったので、そんなに流れも
苦ではなく面白く感じていたはず。
もう2,3本潜った後ならもうちょっと上手く潜れたかもなぁ・・・・。

あ、でもポイント的にはすごいお勧めのいい場所ですよ。
ここで潜れてよかったなって思ってます☆

<5本目>

本日2本目のダイビングに入る前に昼食で、朝もご飯を食べているので
食べれないかも・・・って思っていたにもかかわらず
お腹は「ぐぅ〜」と空腹サイン。
あんなにガッツリ食べたのに。お昼はカレーライスを食べました。
きっと岩につかまっているのに、相当体力使ったのかな(笑)

昼食後、向ったのは昨日も潜った「白」と書いて「シル」と呼ぶポイント。
ここのポイントは本当に海の色が綺麗です。
やっぱり下が真っ白な砂だからかな?
そういえば、目の前に島が二つ見えて、その島と島をつないでいるのが
真っ白な砂浜。あれ?昨日はここに小船がいたよな・・・・。
と思っていると、この時間は引き潮のため砂浜が見えるとのこと。

そういえば港で船に乗ったた時、一本目は船の一階から出入りしていたのに
午後からは2階から出入りしたっけ・・・・・。
うわぁ〜!言われるまで気が付いていなかったぁ〜(鈍感)
引き潮ってすごいなぁ〜〜。

で、話は元に戻って。この時間は昨日の私と同じように
リフレッシュダイビングのダイバーさんもいたので、潜りやすい
「シル」になったようです。
でも、昨日の砂浜での大運動会とは違ったシルの姿を見せてくれるとのこと。

既に5本目のダイビングとなったにも関わらず、私はウガンの流れに
やられてしまったのか、体が浮きたいときには沈んで
沈みたいときには浮いてしまって、海底の砂浜をかきまわしてしまい
みんなの視界を乱してしまったかも(ごめんチャイ)

それにしても、何度潜ってもココのポイントも飽きないかも。
サンゴや魚はウガンに比べて多くはないけど、
小さな小魚がたくさんいるんですよ。
ときどきポコッとある大きなキノコみたいなサンゴ(?)の中に
たくさんの小魚たちが隠れているんです。
それが、もう可愛くて可愛くて☆

また、シルの白い砂浜の上を泳いでいると、自分の影が
砂浜に移ったり、太陽の光で輝きが変わったり

「癒し」ですよ。

<6本目・ラストダイブ>

うわぁ〜。2日で6本は多いかなって思ったけど
意外にあっという間だな。もう最後だよ。
コレまでの5本は、なかなか自分をコントロールすることが
難しかったけど、この一本だけは自分自身で納得のいく
ダイビングにしたいとちょっとだけ力が入った気がする。
あ、力むとかそういうんじゃなくて、「どれだけ自分が魚に近づけるか」かな。

さてさて、最後に向ったのはギナというポイント。
ここではいろんな印象的なお魚君たち見れたんですよ。
運がよければマンタが・・・・!!!!ってドキドキしたけどコレははずれ。
でもですね、かめちゃんがいたんです。
大きなアオウミガメが、サンゴの中で眠っていました。
じーっとみていると、急にムクッと首をあげ「泳ぐのかな?」って
思ったら、顔をあげたまま「グー-----ZZZZZZ」
寝顔もまたキュートな亀ちゃんでした。
かめちゃんはこのでっかいの以外にも小さいのもみたので
ラッキーにも2匹みれました。

P1010128(1).JPG

また、このポイントではそれほど大きくはないのですが
ジャージャン,ジャージャン,ジャンジャンジャンジャン♪
(ジョーズのテーマのつもり)
サメも見ましたよ。ホワイトチップって奴です。
キノコみたいなサンゴの下にひっそりしてました。
顔を正面から見ると、小さいながらもサメらしい顔していて
牙もあるんです。気が小さい奴なのかシャイなのか別のキノコサンゴの
下に逃げて行っちゃいました。
小さいとはいえ、目が合うとドキッとしちゃうもんですね。

P1010144(1).JPG

あとね、なんていう魚か忘れちゃったけど、
もともと綺麗な魚なんだけど、光が当たるとこれがまた
キラッ☆っと七色に光るんです(この表現が正しいかわからないけど)
魚が泳ぐ向きで色が変わったので本当にビックリして
呼吸が乱れそうになりました。それくらいドキッとするイロだったんです。

また、ニモにも会いました!!!可愛いの!!!正面から見ると
特に愛らしい♪魚の目ってすごくつぶらで愛らしいね。
特にニモ(勝手に「ニモ」って呼んでるけどクマノミです)の目が
かわいくて好きかも。ニモはある程度大きいものもいるけど
めっちゃ小さな子ニモもいるんですよ。ずっとみていても飽きないよ。
ダイビングの中でも人気のお魚の一つだそうです。

魚もたくさんいて、ちょっとだけ余裕をもって泳げたので
この6本の中では一番上手くもぐれました。わーい☆
でも、最後か・・・・・(TT)

慣れてきたと思ったら最後なんて寂しいなぁ。
でも、今回この6本のダイビングを通じて、たくさんの魚に会い
改めてダイビングの楽しさを知りました。
4年前、潜るの辞めなくて良かった☆
そして、今回離島を選んでダイビングできたのは本当にHAPPY☆
友達のSちゃんにも感謝です!!!!!

posted by 蘭々 at 00:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

【6月27日】ログ付け会

6月27日

3本目のダイブから船に戻ったのが4時過ぎ。
そこから港→宿に戻り、またまたジャグジーにザブン!

これが最高ですよ。

「ふぅぁ〜〜〜!!!気持ちいいっ!」

最高の気分、最高の贅沢ですよ。

さて、6時からの夕食もまた楽しみの一つ。
ここの料理は本当においしいです。デザートまでついているし♪
Sちゃんから「店とかないから、お菓子とか欲しかったら買っておいで」
って言われていて、でも、時間なくて買えなくてどーしよう・・って
思ってたけど、お菓子なんて必要ないくらい
おなかいっぱいになるんです。

DH000036.JPG

北海道では一人暮らしで、そんなにたくさんおかずを作ったりしません。
いかにカンタンにお腹いっぱい食べれるかがテーマだから。
でも、ここではバランスのいい食事が出てきて
しかも沖縄独自の食材もたくさん使用されている。
こんなにおいしい食事を食べれることにもとても感謝した。
食べ終わってからは「ご馳走様でした!!!!」と
キッチンのスタッフに挨拶。

さて、8時からは本日のダイビングを振り返るべく
ログ付け会が開かれた。
今日は人数が少なかったので、私、Sちゃん、インストラクターのKさんの3人。
まず、一番最初に話すことは私のリフレッシュダイビングについて。

Kさん:「どうでした?久々のダイビングは?」

蘭々:「緊張して余裕ナシですよ〜」

Sちゃん:「そんなふうに見えへんかったけど・・」

Kさん:「うん、うん」

蘭々:「やっぱりトラウマって言うんですか・・。昔を思い出してしまって」

Sちゃん:「そやなぁ・・あんなことあったらなぁ」

ってことで、私のライセンスを取ったときの話をしました。

私はパースでライセンスを取ったんだけど、そのときのインストラクターが
悪い意味で大当たり!机上研修までは面白い人だったのに
プールの講習からは、別のイントラになった。彼は水の中に入ると
「鬼」と化した。特に私はよく叱られていて、プールの講習のときから
「そんな状態で海に出たらどうするんだ!!!!!」と怒鳴られて
私は悔しくて泣きながら練習したもんです。

もちろん彼は海に出てからも厳しかった。
上手く潜行できない私たちに、下から足を思いっきりぐいっと引っ張るのです。
そうすることによってどうなるかというと、急潜行になり
耳にかかる圧がゆっくり潜るよりかかるのです。
そうすると耳抜きも通常より必要になります。何度も引っ張られては
耳抜きをして・・と潜るからなかなか呼吸も安定しないため
余計に潜れないのです。

おかげでライセンスをとった後、私と私のバディの子は耳がおかしくなり
両耳とも聞こえづらい状態が一ヶ月続きました。
病院にいっても、時間をかけて治すしかないといわれ薬や治療もナシ。

毎回潜るたびに過度の耳抜きをしていたため、鼻の粘膜が弱い私は
いつも鼻血を出していました。もちろん潜っているときには
全く気がつかないのですが、海から上がってきてマスクをとると
マスクの形どおりに血が付いているのです。
皆ビックリして、「蘭々ちゃん大丈夫???」と声をかけてくれます。
これって普通ですよね。だけど彼は違った・・・・。
私の顔を見た瞬間に指差して笑ったんです。サイテ−ですよ。
人間としてどうなのよ?って感じですよね。

一週間の講習はもう「辛い」の一言で「もうダイビングなんて辞めよう」
って思ってたほどでした。

で、どうして今も続けていられるのかっていうと
そのイントラ抜きで最後のダイビングと思ってダイビングツアーに
参加したんです。そのときのスタッフはとても丁寧に優しく
私を気遣ってくれました。そのときは30Mのダイブだったので
怖がっていることもわかっていてくれて、海の中でもいつも
「大丈夫?」のサイン。気が付いてみると、私のペースで潜ったため
耳抜きは講習の時の半分以下。海の中もそれ以外のときも
みんな優しく楽しい時間を過ごすことが出来ました。

そしてスタッフに「すごい!なんで今日は耳抜き少なかったのかな?」
この一言で皆ビックリ。「え?これ普通だけど講習の時に何があったの?」
と言われ、講習のときのことを一部始終話しました。


その後からそのイントラの顔を見ることはありませんでした・・・・。

っていう話をすると

「信じられない!!!初めて聞いたよ。そんなことしてる人がいるの」

でしょ、でしょ。だから、私は海に潜るときはこのときのことを
思い出してしまうんです。きっと、これは何年経っても
何度潜っても忘れられない気持ちだろう・・と思います。
ある意味思い出深い話なのですがね(笑)

そんな話もしつつ、水中で撮ったデジカメ写真を見つつ、11時ごろまで話し
込んでいました。
明日はどんな魚が見れるだろう。

楽しみです
posted by 蘭々 at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6月27日】2・3ダイブ

6月27日

2DIVE:次に向ったのは安室島の白と言うポイント。
あ、「シロ」って呼ばないんですよ。沖縄の言葉で「シル」と呼ぶそうです。

気温は32度。天気もよくてリフレッシュダイビングも終わった私は
気持ちもちょっとホッとした感じ。
このシルというポイントは、名前の通り白い砂浜が広がるところ
だそうです。

DH000018.JPG

潜ってみると、鳥取砂丘も真っ青なくらいの
真っ白な砂丘が広がっていた。
ポイントが違うだけで、こんなにも海の中の景色も違うなんて
すごいなぁ〜。
サンゴ、サンゴしていないここでどんな魚が見れるのかなぁって
思って何かを探してみると
砂の中に発見!!!!
小さな白い魚で、穴の中からちょこっと顔を出していて可愛いっ!!!

泳いでいくと、太陽の光が届く場所にきた。
Kさんが「この砂を肌で感じて見ましょう!」とメッセージ。

肌で?どうやって?

頭に?マークが出ている私たちに見本を見せてくれた。
フィン(足ひれ)をとり、砂地を走り始めた(走るイメージ)
そして、砂地の上でバック転。

そして、さぁどうぞの合図。

まずはSちゃんから。一生懸命走ろうとしているのがわかる。
笑いたいけどゲラゲラ笑えないところは海の中の辛いところ。
バック転は失敗・・・・。どちらかと言うと砂地の上で寝るって感じ?
でも、それもまた面白い(笑)

次は私の番。私の場合は走るっていうか欽ちゃん走りになってる?!
バック転は意外にも成功!!っていうか、クルクルまわって
とまらなくて、最後は体勢を崩してしまった。
でも、海の中でこんなことするとは思わなかったので
すごく面白かった。

シルでの潜水時間は53分。気持ちがリラックスしたせいか
ちょっと長めだったかな。

船にあがってからは一旦ショップに戻って、昼食タイム。
このショップの屋上にはジャグジーもあるので、水着のままザブンッ!!
何色にも色を変える海を見ながら、ジャグジーに入るのは
最高です!天国です!極楽です!
朝にはアレだけしっかりご飯を食べたのに
もはやペコペコ。運動してからのご飯って本当においしいですね。

3DIVE:次に行ったのは阿嘉島 アカラというポイント

インストラクターが変わりEさん。彼女もとっても笑顔が素敵な方です。
今まで潜ってきて(って言ってもそんなに潜ってないけど・・・)
一日2本がラインだったんだけど、3本となると体力が
続くかどうかが心配だった。
毎日デスクワークで、自転車に乗るくらいが運動の私に
3本潜る体力なんて自信なし。

だけど意外や意外。結構大丈夫なものですね。
私もまだまだ・・・・なぁんて思ったりして。

潜ってすぐに見つけたのは「お父さんの靴下」と呼ばれている
ニセクロナマコ。
これ、マジで靴下に見える(笑)
P1010053(1).JPG

サンゴの下や、穴の中に潜んでいる魚を探しては
ライトで照らしてくれるので、色も鮮明に見えました。

Sちゃんや他のダイバー達はビデオやデジカメを持ち込んでいます。
写真好きの私でも、海の中までは持ち込めない(悲)
海の中の写真は撮るのがすごく難しい。
上手く中性浮力を保ち、出来るだけ被写体に近づかないと
綺麗に色も出てこないのです。

一応前に潜って撮ったことがあるのですが
綺麗なサンゴの色が出なくて、もっと大きなライトがあれば・・と
思ったものでした。

なのでインストラクターのEさんがライトで照らしてくれたときには
魚の色もサンゴの色もとても綺麗に見えました。
すごいですね。自然が作り上げたものって。


さてさて、本日見た魚を紹介

キンギョハナダイ・アマミスズメダイ・クロユリハゼ・デバスズメダイ
ヒメダテハゼ・スカシテンジクダイ・ミスジュウキュウスズメダイ
ハナミノカサゴ。モンツキアカヒメジ・オジサン・クマノミ
ユビエダハナカサゴ・オトメハゼ・ニセクロナマコ・アオヤガラ
オグロクロユリハゼ・ユカタハダ・ハダカハオコゼ・ミナミハコフグ
カタタテハゼ・ヨスジフエダイ・カクレクマノミ・トゲチョウチョウウオ
スザナミフグ・シモフリタナバタウオ・フダイロカエルウオ



posted by 蘭々 at 19:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。